置賜「地材地住」ネットワークとは?

 置賜「地材地住」ネットワークは、置賜産木材による家づくりを行うため、2005年(平成17年)11月に誕生しました。
ネットワークは置賜地域の森林組合、森林所有者、木材・製材業、大工・工務店等の建設業、建築設計事務所、金融機関、行政等により構成され、現在26団体が会員になっています。
置賜「地材地住」ネットワークとは?

設立の趣意…
森林は、木材や山菜・きのこ等を供給することはもとより、雨水を山に貯えたり、洪水や土砂崩れを防いだり、人々の暮らしのために大切な働きをしています。
そして森林、特にスギなどの人工林は森林から生産される木材を大いに利用することによって、森林が適切に管理され、森林の働きが維持されます。
しかしながら、最近の住宅着工数の減少、木材価格の長期的な低迷などにより、林業・木材産業・建築業界等を取り巻く状況は極めて厳しく、木材の需要は低迷している状況にあります。
このような状況の中で、木材の需要拡大を図るためには、木材需要の約8割を占める住宅資材としての需要拡大を図る必要があります。
そのためには森林、木材、住宅建築等の関連団体が一体となった取り組みが重要であるとの認識からネットワークが設立されました。

「地材地住」とは

「地材地住」とは、地域から生産される木材を使って、その地域に住宅を建て、その住宅に住むという造語です。(農産物の「地産地消」に相当)です。

置賜「地材地住」ネットワークのこれまでの活動実績

置賜「地材地住」ネットワークのこれまでの活動実績
平成26年度 ・各団体木工教室への支援
・おきたま森の感謝祭出展
・ウッドフェスタin Okitama 出展
・山形県林業まつり出展
・「置賜の家」住宅相談会の開催
・普及啓発用資材作成(パンフレット・のぼり・車用マグネット)
平成25年度 ・各団体木工教室への支援
・おきたま森の感謝祭出展
・山形県林業まつり出展
・「置賜の家」住宅相談会の開催
・「置賜の家」住宅内覧会の開催
・普及啓発用資材作成(焼印)
・ホームページのリニューアル
平成24年度 ・各団体木工教室への支援
・大江町型住宅研修会の開催
・おきたま森の感謝祭出展
・山形県林業まつり出展
・住宅相談会開催(米沢産業まつり出展)
・ホームページリニューアル
・普及啓発用パンフレット製作
平成23年度 ・各団体木工教室への支援
・おきたま森の感謝祭出展
・山形県林業まつり出展
・東日本大震災義援金送金
・住宅相談会開催(米沢市産業まつり出展)
・新潟県「越後にいきる家をつくる会」研修会の開催
・普及啓発用パネル作成
平成22年度 ・各団体木工教室への支援
・おきたま森の感謝祭出展
・山形県林業まつり出展
・犬小屋デザイン募集
・モデル住宅「置賜の家」積算書、図面、模型作成
・ゴミステーション製作
・普及啓発用のぼり作成
平成21年度 ・米沢市立南原中学校 木工教室
・おきたま森の感謝祭
・山形県林業まつり
・置賜の森から生まれる「地材地住の家」見学会
・おきたま森林づくりセミナー「森林づくりと家づくりをつなぐNPO活動から学ぶ~地域のネットワークが地域の森を再生する~」
平成20年度 ・「地材地住の家」見学会の開催
・のぼりのリニューアル
・ブランドマーク表示資材(焼印、スタンプ、シール)
・ホームページの開設
平成19年度 ・置賜の木ブランドマークの制定
・含水率計の導入
・生産管理票の作成
・「地材地住の家」見学会の開催
・パンフレットのリニューアル
平成18年度 ・のぼりの作成
・置賜管内市町へ地元産木材使用住宅建築に対する補助制度創設に関する請願書の提出
・白鷹町文化交流センター建設に対しての要望書の提出
・梓山二集会所建設への取組み
・県政広報番組での広報
・木材強度試験機の導入
平成17年度 ・県政広報番組での広報
・研修会の開催
・パンフレットの作成
・のぼりの作成